室生湖の四季を公開しました

今回、室生湖の四季(雪景色・霜化粧)を公開しました。

室生湖(むろうこ)は、奈良県室生市にある湖です。古くからその美しさで知られ、四季折々の景色が訪れる人々を魅了しています。湖畔の雪景色や氷紋の造形が楽しめ・・朝陽でピンクに染まる木々に出会うと感動します。桜や新緑の美しい春の季節や・・真っ青な空と湖面の夏の季節・・特に秋の紅葉が湖面に映える壮観な景色・・など四季を通して楽しめる室生湖です。
 

 


「氷湖」  凍り始めた湖面の模様と・・雪の木立が美しい。

 

「氷の道」  氷の道を通ってみたい・・なんて馬鹿なことを考えていた。

 

「丸い朝」  霜の木を・・朝陽が丸くピンクに染めました。シンメトリー構図で撮影する。大好きな一枚!  

 

「ピンクの水面」  朝陽に照らされたピンクの木立が・・水面に映る。この霜の季節しか見れない光景だ。

  

「千手観音の手のように・・」  ピンク色の空気の中で・・水没した大木が、まるで「千手観音の手のように」・・広がっていた。 神秘的な・・霜の朝の光景でした。    

 

 

右上のメニューより・・ホームページ・ギャラリー 「大和の里」→「湖・池」→「室生湖」で入れます。13枚の写真で構成しています。遊びに来て下さい。