「はんぺん」とボカシ作り

今年も、「燻炭ボカシ」の作成に入りました。

「燻炭ボカシ」を肥料の代わりに使っています。

化成肥料や有機肥料ほどの効果はありませんが・・

土壌菌を増やす効果があります。

 

「燻炭ボカシ」の材料は・・

燻炭(50%)、米ぬか(50%)・・

その他、発酵材(はんぺん)少々、水は適当(握ったら固まる程度)

 

最初は、「はんぺん」を探しに・・竹林へ行きました。

竹の落ち葉が集まっている場所で・・

日陰で湿気があるところあたりを探すと・・

糸状菌の白い塊(はんぺん)が見つかります。

 

 

「燻炭ボカシ」は、燻炭と米ぬかを発酵(好気性)させて作ります。

好気性発酵をするには、好気性菌(糸状菌)が必要です。

「はんぺん」は最高の発酵材になります。

 

作り方は、次回、すぐに紹介します。